携帯アプリ公開中
月猫恋愛癒し塾
au,Docomo
Y!ケータイ

月猫恋愛癒し塾
猫時計プレゼント中!
ご自由にお持ち下さい。
設定方法はこちらから(^-^)


アビシニアンBlue
mini 29k!
小さくなりました

アビシニアン(ソレル)
mid 47k です

ベンガルmini 23k です


ベンガルmid 46k です
書いているのはこのふたりです。
身長差約40cmの翠猫館凸凹コンビ
左=妻。猫プロジェクトの取り締まられ役 さ長。腱鞘炎持ちのCG屋。家庭も会社もイタズラも懲りない性格で支えてます!
右=さ長の夫。何でも屋・兼・トラブルシューター。プロジェクトの稼ぎ頭にして万能主夫マーケター。不屈のチャレンジャー。

猫アニメ(^-^)右クリックでご自由にどうぞお持ち下さい
「まずあなたが元気ネコになろう」を全部読む!

フーミン先生に
お会いしたいならこちら
月夜の猫集会
コメント
Amazonライブリンク

2007年04月11日

ホワイトライオン チャリティーコンサートに行ってきました

ホワイトライオン チャリティコンサートについて
「情報をシェアして!」というお声を頂戴しましたので(^-^)
もうちょっと書きます。

最初に演奏してくれたモーガンフィッシャーという人は
こーゆー人です。
http://www.sound-ware.com/shop/a-fisher.html
クィーンのバックにいたのね。
20年も日本に居るそうです。知らなかったよ。

凄いの!
現場でどんどん笛とか「シャランシャラン」とかを録音していって
それを残響っぽく再生しながら、キーボードを足していって
ピアニカみたいな音も足していって、
どんどん音楽を作っていってしまうのだ!
最後は轟々って音楽になってしまうのだ(T-T)。

少しノスタルジックな音がとっても、どこか内側を引っ掻いていく感じ。
CD買いたいなと思いました。

2番目に我らが相川先生が歌ったの。
あのね。
マイクを持って歌う人を生で見たのは初めてです。
しかも至近距離!

飛び出したくなってしまったのだ。

「歌わせてくれ!」
「私にも歌わせて!!」
って思ってしまったの。

知らない曲なのに。

揺さぶられました。

ステージが最後の方になっていくほど、全員でのセッションになっていって
またしても轟々たる音楽。

泣きそうだった。

そこで思ったのです。

この人達がステージの上で「提供者」していて
私が座席で聞いているのは、何故なのか。

思ったのです。
「彼等はこれまでの間にリスクを取ったからだ。」と。

「成功するかどうか解らないけど、音楽で生きる人生を選択する」
というリスクを取って、
その選択をし続けて、
今あそこに居る。

私はそのリスクを取らなかった。

クラシックという枠に囚われていて、
他の音楽での表現者という可能性を探ることさえしなかった。

当然だ。
当たり前の事だ。

なら私は、今スタートしたばかりの挑戦がある。
まだ誰も知られていないけど、
私の選択した挑戦がある。

仕事しようと思いました(^-^)。

ああ。長文になってしまいました(^-^)。
でもこの感動を、近日中に文字にしたいと思ったのです。
だから「シェアして!」って言ってくれて助かりました(^-^)

凄く、色々感じたステージでした。
お誘いしてくれたリキテルさん、本当にありがとうございました。
(テルちゃんが見つかって良かったね!本当に)

さて。
皆様のご心配を一身にうけてるマイク・ブースが何をやったかというとね。
ディジリドゥっていうアボリジニのデカい笛(2Mくらいある)を
ジョン・ロジャースっていうその専門の人と二人で
「ぶぉおぉおんっ」てやってくれました。

通奏低音って言うんだけど、ジャズとかだと
ダブルベースが担当する低い音がずぅっと安定してあると、
その上に自動再生されるリズムがあれば
あと一人が何かやるだけで立派な音楽として成立してしまうのね。

これも凄いと思いました。

ステージ始まって最初は「ホワイトライオン」のDVDを
ちょっと上映してくれました。
ひたすらひたすら鳥の声と風の音なサウンドの中、
白いライオン1家(4頭でした)が
穴掘ったり穴掘ったり穴掘ったり(何してるんだろう?)
している映像を拝見しました。

オーラソーマが彼等を何から保護しているのかというと、
ハンター達からなんだそうですが、
チャリティー資金の使われ方は、
そのハンターにライオンを捕獲するより高額なお金を渡すことだ
と言うような事を言っておりましたが、
まさか。「より高額なお仕事を渡すこと」だよね?
きっとそうだよね?

浜離宮朝日ホールは築地市場駅から目の前。
朝日新聞社を通過して行くのね(^-^)。

そんな感じかな?
行って良かったです。
本当に(^-^)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔