書いているのはこのふたりです。
身長差約40cmの翠猫館凸凹コンビ
左=妻。猫プロジェクトの取り締まられ役 さ長。腱鞘炎持ちのCG屋。家庭も会社もイタズラも懲りない性格で支えてます!
右=さ長の夫。何でも屋・兼・トラブルシューター。プロジェクトの稼ぎ頭にして万能主夫マーケター。不屈のチャレンジャー。

猫アニメ(^-^)右クリックでご自由にどうぞお持ち下さい
「まずあなたが元気ネコになろう」を全部読む!

フーミン先生に
お会いしたいならこちら
月夜の猫集会
コメント
Amazonライブリンク

2007年07月09日

この季節の体調不良は「水毒」を疑ってみて

今年の梅雨は雨量が少ない予報ですが、
それでも、じめじめした時期であることに変わりはありませんね。

洗濯物もなかなか乾きませんし・・・・・(v v;;)

日本は元々、四方を海に囲まれていて湿度の高い国。
「室内で洗濯物が乾かないのは世界を見ても、日本くらい」
と言う話を聞いたことがあります。

ですから、日本人は風土的にも体に水分が溜まりやすい体質とも言えます。

その体に溜まった水分が排出されない状態を漢方では水毒と言います。

水ハーフ

冷え、
むくみ、
アレルギー、
めまい、
頭重感、
頭痛
などの原因にもなります。

この梅雨の時期は特に症状が出やすいです。

いかがですか?
最近、なんだか体調が良くない〜なんて感じている人は
ちょっと水毒を疑ってみましょう。

水毒になる原因は
「喉が渇いてもいないのに冷たい水お茶を飲むすぎる人」
がダントツです。

また
甘い物、辛い物、しょっぱい物、脂っこい物が好きな人は、
それを薄める為に自然に喉が乾くので、水を飲みすぎる結果となります。

食卓

そして日頃、汗をかくことが少ない人などは、どうしても体の水捌けが悪くなります。

日本では、昔から家屋も風通しの良い作りだったり、
衣服も浴衣などは吸湿性が良く涼しい作りになってたり、
食べ物も季節にあった食材はその季節の体を整えてくれる物だったり、
と、上手に湿度をコントロールしてきました。

もうひとつ、日本人の好きな温泉も
体を温めて、汗と一諸に水毒を出してくれる
ありがたいものです。

蛇足ですが、森と湖の多いフィンランドも湿度が高く、
健康の為にサウナが普及しているそうですね。

この日本に住んでいる以上は湿度と上手につきあわなければ、しょうがないようです。

輸入の健康法も色々あります。
試してみるのも良いですが、
日本に生まれ育ち、生活する私達にはもしかすると、
昔からある、
自然な食事や生活が合っているのかもしれません。    

「難しい事はしなくても昭和三十年代の食生活が体に良い」
と以前に漢方の先生に言われた事があります。
旅館の朝食のような食生活なのだそうです。

おばあちゃんの知恵〜みたいな事をもういちど見直すと
健康にも近道かもしれませんね。

フーミン先生の「月猫の東洋医学」より

メニューリスト→新着情報→占い・心理

http://sb.tsukinekolove.jp/QRコードN!mini

★☆お気楽OLちゃん☆★ - livedoor Blog 共通テーマ


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔