書いているのはこのふたりです。
身長差約40cmの翠猫館凸凹コンビ
左=妻。猫プロジェクトの取り締まられ役 さ長。腱鞘炎持ちのCG屋。家庭も会社もイタズラも懲りない性格で支えてます!
右=さ長の夫。何でも屋・兼・トラブルシューター。プロジェクトの稼ぎ頭にして万能主夫マーケター。不屈のチャレンジャー。

猫アニメ(^-^)右クリックでご自由にどうぞお持ち下さい
「まずあなたが元気ネコになろう」を全部読む!

フーミン先生に
お会いしたいならこちら
月夜の猫集会
コメント
Amazonライブリンク

2007年07月12日

喉の痛みと咳が直らない〜月猫の東洋医学Q&Aより

月猫の東洋医学Q&Aコーナーが更新されました。

質問者さんは30代のOLさん。

一ヶ月前から喉の痛みがひどく、病院に行って治ったとおもうとまた熱が出ます。
喉の痛み、咳、痰がでるの繰り返しです。
体力的にもきつく、職場の人間関係にもストレスがたまる一方で限界です。
薬は飲んでいますが、よくなる気配もなく、悩んでいます。
喉の痛みが治る方法はないでしょうか?

という事でした。

咳が続く人、結構多いですね。
かく言う私も咳が出始めると3ヶ月くらい止まりません。

質問者さんと同じ様な悩みの人は多そうに感じました。

以下がフーミン先生からの回答になります。

薬などを飲んでもなかなか治らないのですね。
これはお辛いでしょう。
それでも頑張っておいでなのですね。
質問者さんはもともとが我慢強いタイプなのかもしれません。

咳や熱は体が「何か無理をしているよー」と言う必死のメッセージだったり、
体がその病気の原因(ウイルスや細菌など)を追い出そうとしている働きだったりします。

西洋医学では、その咳や熱などに対して薬などが処方されます。
そして一時的にその症状を抑え込んでしまいます。
ですが、それは治ったのではないので、今までと同じような生活を続けていると、再発します。
オーバーワークしたり、不摂生したり、ストレス生活がそのままなので
「もうこのままでは無理!生活を変えて欲しい!!」
という信号を身体が発していて、何らかの症状が出て来るのです。

薬も使いようなよっては、ありがたい物ですが、「咳」や「痛み」も本当は有り難い物なのです。
生活の何か(心、体、食事など)が、無理になっている事を一生懸命教えてくれているのです。

私の鍼灸院でも、質問者さんのような方は見えます。
治療をすると、自然治癒力が高まるので、楽にはなります。
ですが、まずは「自分の身体は治療が必要な状態である」とはっきり認識して、
休む時間を取ったり、環境を変えたりすることも大事です。

どんなに治療をしても、心や体に無理な生活を変わらずに送っていては、回復はなかなか難しいです。

また、喉の痛みは「怒りを我慢している人」に多いように見えます。
長時間イライラして呼吸が浅くなっていると、呼吸器に問題が発生することもあるようです。

質問者さんはストレスを強く自覚しておいでのようですね。
実際、限界ギリギリの所に立っていらっしゃるのでしょう。
「今の生活を見直す必要が絶対にあるよ!」と、質問者さんの身体が悲鳴を上げているのだと思います。

自分の身体をいたわることは、生きていく上で絶対に必要です。
身体の症状は自分の生活のどの部分を改善したいのか、見つめ直すサインです。

一番ストレスになっている部分を変えることで、見違えるように楽になるかもしれません。

コップと花

月猫恋愛行動学の東洋医学のコーナーでは
あなたの健康に関する疑問を、直接フーミン先生に聞くことができます。

QRコードN!mini

心地よい暮らし - livedoor Blog 共通テーマ


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔