書いているのはこのふたりです。
身長差約40cmの翠猫館凸凹コンビ
左=妻。猫プロジェクトの取り締まられ役 さ長。腱鞘炎持ちのCG屋。家庭も会社もイタズラも懲りない性格で支えてます!
右=さ長の夫。何でも屋・兼・トラブルシューター。プロジェクトの稼ぎ頭にして万能主夫マーケター。不屈のチャレンジャー。

猫アニメ(^-^)右クリックでご自由にどうぞお持ち下さい
「まずあなたが元気ネコになろう」を全部読む!

フーミン先生に
お会いしたいならこちら
月夜の猫集会
コメント
Amazonライブリンク

2007年07月20日

感情の出し方の下手なタイプの「私、怒ってるんだけど?」

我慢して我慢して、

たくさん自分を納得させながら生きていると
ある日、思わぬ方向に爆発したりします。

そして大切な関係に激震を起こしてしまったりします。

壊れてしまってから後悔しても後の祭り。

「ああ。やっぱり私が我慢し続けていれば良かった....!」
なんて大反省。

そして次はもっと強固に自分をコントロール。
「2度と爆発しないように!相手を傷つけないように...!!!」

ピンクの花

ちょっと待って下さい。
それを続けていて、あなたは幸せでしょうか?

私たちは長く自分をコントロールし続ける事ができません。

そして長く自分を騙すことは、
実際、私たちの幸せにはならないのです。

チェックポイントは
「我慢の中にイライラがあるかどうか」
です。

もしあなたがこの先
「ここは自分が大人になろう」
という決断をした時に、
イライラしたものが混ざっているなら。

それはいつか爆発します。

そんな時はヘタに我慢しないで、ちゃんと自分を表現しましょう。

キーワードはこれです。

「私、怒ってるんだけど?」

「解ってもらいたいから表現する」
という姿勢は、ちゃんと相手に届きます。
特に男性脳には理解しやすい表現になります。

我慢したあげくに、
「ただ怒りとイライラを爆発させてしまった」

というパターンから抜け出す、おまじないになります(^-^)

ことばのチカラ - livedoor Blog 共通テーマ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by nobuco   2007年07月20日 10:23
私も、夫に対してありがち。。
そんなに怒んないで、普通に話してくれればいいのに!ていわれます〜〜。

この記事読んで、反省デス。

爆発しないうちに、示す!
2. Posted by さとさと@猫プロジェ   2007年07月23日 12:09
■nobukoさま
ご無沙汰です(^-^)。
そうそう!
「普通に話す」ってのが難しかったりしますよね。
「怒りが邪魔して普通に話せない」
ってなっちゃうんですよね(T-T)。
頑張りましょうお互い!
(色々....)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔