書いているのはこのふたりです。
身長差約40cmの翠猫館凸凹コンビ
左=妻。猫プロジェクトの取り締まられ役 さ長。腱鞘炎持ちのCG屋。家庭も会社もイタズラも懲りない性格で支えてます!
右=さ長の夫。何でも屋・兼・トラブルシューター。プロジェクトの稼ぎ頭にして万能主夫マーケター。不屈のチャレンジャー。

猫アニメ(^-^)右クリックでご自由にどうぞお持ち下さい
「まずあなたが元気ネコになろう」を全部読む!

フーミン先生に
お会いしたいならこちら
月夜の猫集会
コメント
Amazonライブリンク

まずあなたが「元気ネコ」になろう!

2007年05月20日

良い汗と悪い汗?美容と健康を立夏に決意!

最近、ビールが美味しくなって、
自販機にもホット飲料が減って、
電車でも冷房が入ってきました。

暦の上でも立夏を過ぎました。
夏なのですね。

夏は血気が盛んになり万物がどんどん成長し、咲き栄える季節です。

東洋医学(五行の考え方)では、心臓(循環系・中枢神経系)の季節になります。
全身の血行が良くなり、代謝が高くなります。
同時に汗もかきやすくなりますね。

その汗ですが、体の毒をこの時期は汗と言う形で出す役割もあります。

これからの季節、汗をかくと、メークはくずれるし、洋服の汗も気になるのですが、
汗は大事な毒出しです。
汗をかかないようにするのは、ある意味、毒の出口がなくなるという事でもあります。
これは心臓(循環系・中枢神経系)に負担がかかると言うことになります。

汗は出した方が良いのですが、出しすぎも良くありません。
血が濃くなりすぎるからです。
適度に水分補給をしながら出す汗は、この季節にそった毒出しです。

そこでお勧めなのは、やはり、半身浴です。
みぞおちより下になる位の40度程度のお湯に肩に乾いたタオルを掛けて気持ちよく汗が出る位まで浸かります。

日頃、汗をかかない生活をしている人は、なかなか汗が出てきませんが、
何日か続けている内にじわじわ出てくるようになります。

そして、自分の方から汗として体の毒素を出していると、日中、イヤなベタベタした汗をかかなくなります。

注意点は半身浴をしながら、お水を口に一口ずつ含んでチビチビと補給していきます。

ポイントはチビチビです。

この飲み方は日中もとても有効です。
ガブガブ飲みは体を冷やすし、実際には体に吸収されずに、オシッコで出てしまいます。

この、夏の過ごし方はもちろん、夏ばて予防に、そして秋の体調にも反映します。
どうぞ、この夏の初めから、気を付けて汗を調節して過ごしてみましょう。

健康上、この季節のもう一つ気になるの点があります。

ファッションです。

冷房のきいたオフィスや電車での素足にミュール&ノースリーブのファッションは冷えます。
治療院でも冬場より冷えている人が多くてビックリします。

夏なのに冬より体が冷えているのは、少しずつ問題が表面化してきます。
自律神経の働きがおかしくなったり、
婦人病の始まりになったりするのです。

なので、夏は女性は本当に注意しなければいけない季節です。

常に自分の手や足が冷えてないかチェックしておきましょう。
職場に外出時のバッグにカーディガン、スカーフ、レッグウォマーを常備しておくのもよいですね。

ほんの少しの心がけで、あなたも体の内側から健康で美しくなれます。

「この夏こそ冷えない体!」

夏の初めにお伝えしたいと思いました。

暮らしに役立つ豆知識 - livedoor Blog 共通テーマ


2007年05月07日

こむら返り予防に簡単ふくらはぎストレッチで美脚も!?

こむら返り予防の簡単ふくらはぎストレッチで美脚も手に入れちゃいましょう!

 最近、ヨガ教室や鍼灸の治療相談に、こむら返りを訴える方が増えたように思います。
皆さんは大丈夫ですか?

このこむら返りの原因としては
静脈の鬱血、
血行不良、
筋疲労、
血中水分の欠如、
電解質のアンバランス、
冷え
などがあげられます。

 そして五行説(世の中の物や体を五つの要素に分ける東洋医学の考え方)では、
春は五行の木・火・土・金・水の木に配当されます。

「木の芽時」でも連想できますね。

体では筋肉がこの部分に配当されます。
と、言うことでこの春は、筋肉の症状が現れやすい時期でこむら返りなるのでしょうか?

こむら返りを経験したことのある人は解ると思いますが、とても痛いし、恐怖!ですよね(><)

そこでこんなこむら返りの予防法をお伝えしましょう。

最近暖かくなってきて、就寝中に汗をかくような日もありますよね。
そんな時は無意識に足を布団から出してしまいます。
するとその汗が乾く時に体の熱を奪い、知らず知らずに足を冷やしてこむら返りが起きやすくなります。

そこでお勧めなのが、就寝中のレッグウォーマーです。
これはなかなかで、寝冷え予防にもなるし、女性には、婦人科系に関する経絡を守ってくれます。

最近は素材もシルクや綿など肌触りの良い物も多いです。
一度試して見て下さい。
なんだか、ほっこり、良く眠れますよ!

そして、もう一つお勧めなのが、ふくらはぎのストレッチになる山のポーズです。

このポーズはこむら返りの予防だけでなく、全身の疲労回復にもなります。

もちろん、膝下がホッソリ、スッキリ効果があります!

1 両手、両膝を付いて四つん這いになります。この時、足幅は腰幅位で
2 そこで息を一度吸います。吐きながら膝を伸ばしてお尻を天上方向に高く引き上げます。
山の形ができます。

3 そのまま、自然に呼吸を続けながら、顔を上げて、視線を両手親指の間にもっていきます。
3.5 さらに踵を床に付けようとすると、ふくらはぎが痛た気持ち良くストレッチされます。
(手の平で床を押すイメージで、踵はハの字になるように)

まずは10秒間、2回位から始めてみましょう。
思ったより、ふくらはぎが縮んでいるのに気が付きますよ(^-^)。

楽しく過ごす、暮らす。 - livedoor Blog 共通テーマ


2007年05月05日

イライラさんとクヨクヨさん?東洋医学の五行の話〜

東洋の考え方で、万物を5つに分ける考え方があります。

 木=肝・胆・春・青・東・怒
 火=心・小腸・夏・赤・南・喜
 土=脾・胃・土用・黄・中央・思
 金=肺・大腸・秋・白・西・憂
 水=腎・膀胱・冬・黒・北・恐

驚くことに、私達に心やカラダの状態も、この五行で説明することが出来るのです。

例えば「イライラしやすい」人は肝臓か胆のうに負担がかかりすぎていて、怒りっぽくなります。
「木」の位置にいるのです。

また「常に飢餓感がある」という人は「土」の人です。
脾臓か胃のどちらかに負担がかかっていて、クヨクヨしがちでもあります。

この5つのグループはそれぞれつながりのストーリーがあるのです。

木が燃えて火が発生します。
その燃えた灰は土を肥やし、
そこには、鉱脈が出来、
湧水ができ、
その水は木を育てると言うストーリーです。

「一つにものが次のものを育てる」関係に注目した思想で、相生(そうせい)の関係と言います。

ここには、もう一つのストーリーが隠されています。

木は土から養分を取ってしまい、
火は金属を溶かしてしまい、
土は土手となり水の流れを狭め、
金は刃物になり木を切り、
水は燃えている火を消してしまいます。

相性のなかには相手の勢いを無くす作用がある組み合わせがあるというストーリーです。

相克(そうこく)の関係と言います。

東洋医学では人間の体を治療するにあたっても、働きの弱ったものは相生関係で補い、強すぎるものは相克関係で制てもいらいます。

5行の考え方がベースになっているのです。

あなたのタイプなどのタイプでしょう?
東洋医学では季節や心構え、生活習慣などでどんどん変化するものという考えが強いものです。

健康やダイエットにも有益なので、どんどんご紹介します!

楽しく過ごす、暮らす。 - livedoor Blog 共通テーマ

 


2007年05月02日

春の東洋医学5月5日は五行の日!

五月五日は子供の日、鯉のぼりも昔に比べると見かけなくなりましたが、あの吹き流しの五色のは何色か言えますか?
そんな事と健康や東洋医学は関係なさそうですが、あるのです。

漢方の元になる考え方で五行説と言うのがあります。
万物を木・火・土・金・水の五つのグループに分けます。
人間の体や心も5つのグループに分けることができるのです。

簡単に表にすると

 木=肝・胆・春・青・東・怒
 火=心・小腸・夏・赤・南・喜
 土=脾・胃・土用・黄・中央・思
 金=肺・大腸・秋・白・西・憂
 水=腎・膀胱・冬・黒・北・恐

昔の人はこの五行に添って、生活していたようです。

ちなみにキトラ古墳の壁では、東に青龍、南に朱雀、西に白虎、北に玄武(玄=くろを意味します)が描かれて居たことをニュースなどで憶えておいでの方も多いと思います。

これは5行のうちの4色を色で表したものですね。

五月と言えば、五月病や木の芽時と言われるように、季節の変わり目で体調を崩しやすい時です。

そのような時に子供の成長を願うと共に邪気から守るために、鯉のぼりの吹き流しに五行の五色を配したのですね。

そこで、この精神と体の不安定になりやすい五月には菖蒲や薬草の採れる時期でもあります。
菖蒲(しょうぶ)湯や薬草(ハーブ)湯にゆったり入って、リラックスするのも良いですね。

お手軽な所では百会(ひゃくえ)と言うツボ刺激をお勧めします。

百会(ひゃくえ)は自律神経の働きを整えたり頭の疲れを取ってくれる代表選手のツボです。

左右の耳を頭の頂点に向け結ぶラインが全身の縦の中心線(正中線と言います)と交わる所を押してみて下さい。
心地よい場所がありますね。
そこが百会です。
その百会を頭が疲れた時や、考えが煮詰まった時、暇な時に手首の力を抜いた拳や指先、または、爪楊枝10本位を輪ゴムで束ねたもので、トントン、チクチクと刺激します。
結構気持ち良いです。

このGWは遊ぶのにも良い時期ですが、季節の変わり目の影響を受けやすい人にとっては、マイナスな気分になりやすい時期でもあります。

そんな人は、あまりその気分に振り回されずに
「そんな季節なのね〜」
と静観して、ゆったりリラックスできることをしてみてやり過ごすのも良いかもしれませんね。


2007年04月18日

開脚前屈でキレイになる

 この春から新生活を始めている人も多いと思います。
そして、何か習い事や勉強を始めるのも四月スタートの講座は多いですね。

そんな中で体を動かしたいと思っている人。でもそう言った教室にわざわざ行くのは億劫だったり、忙しくて習いに行く時間が取れないと言う人達には、是非、一人でも、家でも、畳一畳のスペースでできるヨガをお勧めします。

ヨガと言ってもたくさんのポーズを初めから行うのは続かないと思います。
今日提案するのは、ただ一つのポーズです。

それは、開脚前屈のポーズです。

想像してみて下さい。
自分がきもーち良く開脚して上半身がピターっと床に付いている姿を、、、、素敵ですよね☆
そしてそんな体は日常生活も動きやすそうですね。

もともと体の柔らかい人もいるのですが「開脚前屈は苦手〜」と言う人は多いですね(^-^)
そして「自分には無理〜」と諦めていませんか?

諦めないで下さい。
とにかく、毎日少しの時間でできますので、続けて見て下さい。
一ヶ月立つ頃には、「もしかして、私の体、変化してる?」と気がつくでしょう。 
一年立つ頃には「私、別人〜」という位、変化しています。

このポーズの効果は、
1.体のすべての動きの幅が広がります
2.ホルモンバランスが良くなり肌がイキイキと美しくなります
3.下半身が引き締まりヒップアップします
4.精神状態も明るく自信が出てきます
4.婦人病、泌尿器系の病気の予防、改善につながります

段々やる気になってきましたか?
とにかく、テレビを見ながらでも出来ますので、毎日5分でOKです。
一年後の自分をイメージして続けて行いましょう!そして、その積み重ねで開脚前屈できるオトナになります。
カッコイイですね。

では方法です。

1 開脚をした状態で太股の内側、前面、外側を手の平でさすったり、軽く握った拳でトントンと叩いてほぐします

2 開脚はあくまで、上半身の背筋を伸ばせる程度にセットします。
そこで息を大きく吸って、ゆーっくり吐きながら、お臍を前に出す、胸を前に、顎を前に出しながら、上体を前屈させて行く(背筋は伸ばしたまま)3呼吸を吸う吐くを続けながら、吐く息の時に少しずつお臍を床に近づけていくイメージで前屈していく
(背筋が丸くならないように)

4最後に息を大きく吐きながら上半身の力を抜いて行けるところまで前屈する

5息をゆっくり吸いながら背中を丸くして起きてくる そして一息吐く〜

6足を閉じて膝を立て、両手で膝を抱えて、休息

次に
ヽ脚して、右の膝は曲げる
右手首を頭の上に置き、左手で持つ
G惷擇鮨ばして息を吸い、吐きながら体を少し左に傾け、右側近を伸ばす
さ曚い覆ら戻ってくる
ズ犬眛韻犬茲Δ某ばす

〜イ鮃圓辰晋紊砲發Π貪截〜5を行うと随分やりやすくなっていると思います

ヨガは男女、年齢を問わず、誰でも今日から始められます。
この暖かくなっている春、体の緩んできている時期です。
この春から是非ヨガの一ポーズを始めましょう!
本当に違った自分に出会えますよ!

ただし、気長に行きましょう。
無理は禁物。
痛い程頑張らないで!
痛快な範囲までの刺激を味わって行きます。
体も喜びます。

ちなみにこのポーズはガチガチに堅い体だった私が憧れて、ヨガを始めるきっかけになったポーズでーす。
(最初は開脚して前に手を付くだけで、イタイーッでした)


2007年04月08日

花粉症の人のデコルテ体操(首のコリにも効きます)

 桜の花もここ関西は満開です。
そして4月8日は花祭りですね。
お釈迦様の誕生をお祝いするお祭りです。
各地のお寺では、春のお花で飾られた小さな御堂に、天地を指したお釈迦様が水盤に置かれます。
そのお釈迦様に訪れた人達が甘茶を掛けます。
そして、皆にも甘茶が振る舞われます。
甘茶を掛けるようになったのは、江戸時代頃らしいです。

その甘茶ですが、調べてみると、糖尿病の人への砂糖の代用の甘味料として使われたり、アレルギーにも薬効があるらしいです。
この春先のアレルギー反応の出やすい時期に甘茶を飲む習慣は昔の人の知恵でしょうか?

春のお花達は美しく、こころウキウキになる季節なのに、花粉症の人たちにとっては、もうしばらく辛い時期ですね。

今回はこの時期にオススメな簡単なヨガを紹介します。

首と肩を呼吸に合わせてほぐすのですが、鼻からゆっくり呼吸している内に鼻つまりが楽になってきます。
そして、首すじが美しくなる、、、ステキなポーズです。
これから襟元を出す機会も増えてきますよね。
ヨガでお手入れしておきましょう。

また、年間を通して続けると、年齢を映すシワができにくいんですよ。
もちろん、首や肩の凝りにも効きます。

1.椅子に腰掛けるか正座になって、背筋を伸ばします。(肩の力は抜く)
2.まず、息を吸って、吐きながら頭を前にゆっくり、倒す。
3.吸いながら頭を正面にゆっくり戻す。
4.吐きながらゆっくり天上をみるように、後ろへ倒す。
5.吸いながら、正面に戻す。

この動き(前後)を6〜8回行う。

次は同じ要領で、
1.左右に頭を倒す。
2.左右に捻る。
3.頭をうなだれた所から、左回し2回、右回し2回(気持ち良く呼吸しながら)

注意、首を傷めてる人は後ろへの動きは控えめに慎重にしてみて下さいね。

甘茶は本当に字の通り甘いのです。
甘い飲み物が欲しい時に頂くと体にも良さそうですね。
飲んだ事のない人もいるかも知れません。一度お試し下さい。

そして、首、肩のほぐしは、この春から是非、続けてみて下さいね。
美と健康にオススメですよ!


2007年04月03日

春は腰に気を付けて!春眠ヨガで目覚める

春ですね!
桜も咲いてコーディネートに困るくらい暖かな日も増えました。
でもどうやら、春は腰に来る人が多いようです。

女性は筋力が弱いので、若い人でも腰痛を訴える人が少なくありません。
その上春は、これまで冬の寒さで堅く縮こまって骨を締めていた筋肉が暖かくなり、ゆるんできます。
そんな時は骨の支えが不十分になっています。

「ぎっくり腰」と言えば老人のかかるもの。
または「重いものを持った時になるもの」という先入観がありますが、
最近は若年層のぎっくり腰が問題になっています。

◎朝、目が覚めて起きあがろうとした瞬間
◎顔を洗おうと洗面台に前屈みになった途端

など「いつもの動作」で「腰に衝撃が!」というケースが
特に春は増加する傾向があります。

そこで「春に必須の目覚めのヨガ」をご紹介します。

〜赤ちゃんのポーズ〜
1 仰向けから両膝を立てて、両手を膝に添えて軽く胸の方に引き寄せます
2 右足首を上にして足首をクロスさます
3 ゆ〜らゆ〜ら膝を左右に揺らしながら、腰を気持ちよく床に押しつけるようにしてマッサージ
4 左足首を上にして同じようにする

この1〜4を15秒位ずつ気持ち良くやってみましょう。

もう一つ。〜だだっ子のポーズ〜
1 仰向けで両膝を立ててから、胸の方に軽く引き寄せる
 (両手は体に添わせて伸ばします)

2 足をバタバタさせて踵でお尻の付け根辺りをたたく
 (だだっ子のように)

15秒位を2セットやってみましょう。

この二つのポーズをやってから起きあがると、ビックリする程スッキリ起きることができます。
カラダがシャンとするので、この季節の寝起きが気持ちの良い目覚めになります。
腰痛対策にも有効です。

是非ためしてみてくださいね♪


2007年02月15日

花粉症と肝臓の関係

花粉症が始まりましたね

今年は暖冬で、厳しい寒さがないままですが、やはり「春がすぐそこ」だと思うとなんだかココロがウキウキしますね。
でも、花粉症の人にとっては、ウキウキしていられません。

東洋医学的には春は肝臓の季節です。

日頃溜まった、肝臓の毒素を出す季節なのです。
その働きを助ける為に春の食べ物と言えば、ぜんまい、ふき、わらび、たけのこ....とアクの強いものが多いです。

そして春は五行陰陽で見ると、木,火,土,金,水の<木>に配当されます。

木と言えば杉の木は花粉症を誘発する悪者に見えますが、本当は体の毒素を鼻水、くしゃみ、涙
として体の外に出すのにひとやくかってくれているとも言えます。

感情的には(怒りん坊)になってしまうかもしれません。
そんな春にむけての過ごし方は、やはり、春に収穫を迎える麦は春の体の薬になる食べ物なのです。

できるだけ、ご飯に麦を入れたり、パンも全粒粉入りを選んだりしましょう。

そして、一年を通しても言えるのですが、自分で毒素の溜まっていそうな人や冷え性の人ほど、
半身浴や足湯で汗として、体の内から排毒します。

体操的には、肝の経絡の流れる体側をストレッチしてあげます。

1、頭上で右手で左手首を掴みます
2、息をすって背筋を伸ばし、吐きながら右手で左手首をひっぱり、
  左の体側が伸ばされているのを感じます。
3、息を吸いながらゆっくり、戻します。
4、右側も同様に伸ばします

肝臓の疲れている人は右側の方が縮んでいるのを感じやすいと思いますので、そちらを多目に伸ばしてあげて下さい。

これは怒りん坊になった時にも気分が落ち着くのでオススメです。

花粉症は難儀ですが「春は肝臓のデトックスには良い季節!」
なのです。

是非自分にとってのチャンスと捉えて、毒素排出に活用してくださいね。


花粉症と肝臓の関係

花粉症が始まりましたね

今年は暖冬で、厳しい寒さがないままですが、やはり「春がすぐそこ」だと思うとなんだかココロがウキウキしますね。
でも、花粉症の人にとっては、ウキウキしていられません。

東洋医学的には春は肝臓の季節です。

日頃溜まった、肝臓の毒素を出す季節なのです。
その働きを助ける為に春の食べ物と言えば、ぜんまい、ふき、わらび、たけのこ....とアクの強いものが多いです。

そして春は五行陰陽で見ると、木,火,土,金,水の<木>に配当されます。

木と言えば杉の木は花粉症を誘発する悪者に見えますが、本当は体の毒素を鼻水、くしゃみ、涙
として体の外に出すのにひとやくかってくれているとも言えます。

感情的には(怒りん坊)になってしまうかもしれません。
そんな春にむけての過ごし方は、やはり、春に収穫を迎える麦は春の体の薬になる食べ物なのです。

できるだけ、ご飯に麦を入れたり、パンも全粒粉入りを選んだりしましょう。

そして、一年を通しても言えるのですが、自分で毒素の溜まっていそうな人や冷え性の人ほど、
半身浴や足湯で汗として、体の内から排毒します。

体操的には、肝の経絡の流れる体側をストレッチしてあげます。

1、頭上で右手で左手首を掴みます
2、息をすって背筋を伸ばし、吐きながら右手で左手首をひっぱり、
  左の体側が伸ばされているのを感じます。
3、息を吸いながらゆっくり、戻します。
4、右側も同様に伸ばします

肝臓の疲れている人は右側の方が縮んでいるのを感じやすいと思いますので、そちらを多目に伸ばしてあげて下さい。

これは怒りん坊になった時にも気分が落ち着くのでオススメです。

花粉症は難儀ですが「春は肝臓のデトックスには良い季節!」
なのです。

是非自分にとってのチャンスと捉えて、毒素排出に活用してくださいね。


2006年12月23日

つい食べ過ぎてしまうタイプの人の腹筋の話-月猫恋愛行動学「あなたを幸せにする東洋医学」より

食べても食べても入っちゃう胃袋の持ち主がいます。
そういう方は腹筋が弱っている可能性があります。

たとえば、仰向けに寝て手を使わずに腹筋だけで起きあがれますか?
女性たるものそれぐらいの腹筋は必須です。
ただし、腰痛の方は、この動作はしないほうが良いでしょう。
そして、この動作が出来ない人は腰痛予備軍と言えるでしょう。

腹筋は天然のガードルです。
治療にいらっしゃる患者さんでどうしてもむくみが取れない方がいらっしゃいました。
よくよく聞いてみると「ここに来る時には外してるんですが...」
強力な補正下着を手放せないとの事でした。

無理に抑圧したものは必ずどこか他の場所に出口を求めます。
これが原因でダイエットに失敗している人が多いのです。
きついガードルで胃の部分を締め付けていると、その間は食欲が抑制されるのですが、
ガードルを脱いだとたんに、飢餓感が爆発してしまうのです。

さらに下半身を補正していると、全身の血流が悪くなってきます。
天然でない無理な補正下着は、むくみの他、全身の倦怠感の基になったり、
腰痛や肩こりの原因にもなります。

精神的にも抑圧された感じがあって、いらいらしやすくなる人もいるようです。
これが精神的な飢餓感につながっている人も少なくないようです。

自前のガードル「腹筋」を強化すると、胃の前部分にネットがついている状態になります。
そうすると、お腹が一杯になった時に、それ以上食べることが出来ません。
自然に「もうお腹に入らない」となるのです。

ですので、腹筋を鍛える事は西洋医学的にも東洋医学的にも、
ダイエットに有効なのです。

前述の女性は常時ガードルは止め、ウォーキングを始められました。
心配していた足腰の痛みもむしろ軽減し、好調との事です(^-^)。
心なしかウェストのあたりがスッキリして来ておいでの様です。
これを1年続けると素敵な事になりそうですね!

とは言え、「勝負時」のガードルまで禁止はしません(^-^)。
気持ちに一本筋が入って、キチンとした姿勢になる人も居ます。
便利な道具ですから、どうぞ十分に生活に生かして
楽しい人生をエンジョイしましょう!


2006年11月14日

風邪のひき始め予防対策「月猫の東洋医学より〜」 〜月猫恋愛行動学〜

急に寒くなってきましたが、風邪は引いていませんか?
今年はついこの間まで半袖でも良かったのにいきなり冬物が必要になって....
体もビックリしていますね。

そんな時ブルブルッと震えるのは体温をあげようとする反応です。

それでも冷えた状態が続くと、風の邪(かぜの邪)が体に入ってしまいます。
そんな時は体の要所を温めましょう。

まずは首の付け根から背骨の上部あたりと足首から先です。
首から背中にかけては風門などの風邪のツボがある所なんです。
ここをドライヤーで温めたり、
外出先では自販機のホット飲料を後ろ首に当てても良いですね。

そして足湯はお勧めです。

意外と気付きませんが、風邪の引き初めは肩と共に腕も凝って手首も硬くなっています。
洗面器で構わないので少し熱めのお湯を張って肘から先を浸して見ましょう。
じんわり温まります。

腕には肺の経絡が走っていて呼吸器系に関係します。
食事は内臓に負担を掛けず消化も良く、温まる鍋物などが良いですね♪

コーヒーは後で体を冷やすので、しょうが紅茶やゆず茶などが良いです。

ヨガでは簡単なものでは(胃と肝臓の刺激法)と言うポーズがあります。

まず仰向けになり両足を揃えて両膝を立て、両手は大の字に広げます。

そこでまず、息を吸い、吐きながら両膝を左に倒します。
吸いながら膝を戻して、吐きながら今度は右に倒します。
そして再度、吸いながら戻します。

これをリズム良く20〜30回を2、3セット。
背骨を捻る刺激が体を芯から温めてくれます。

腰痛解消やウエスト痩身の おまけ付きです♪

まずはあなたの身体を大切に♪
身体に一手間かけてあげる事は、自分の人生に一手間かけてあげる事でもありますよ?


2006年11月06日

金運を高めるの月は?「三日月」「半月」「満月」−月猫恋愛行動学

c2919705.jpg

昨日は十五夜、とっても綺麗な満月でしたね。
翠猫館チームはいつも月を眺めています。
満月というと事件が起こりやすいだの、交通事故が増えるだの、
いろいろ妖しいイメージがつきまといますが
なんと風水的には違うみたいです。

まず黄色が風水的に良いカラーとのことでした。
すなわち最大の大きさ満月、そしてその色は黄色です。
最高の威力を発揮してくれるそうです。

東の空から昇ってきたばかりの満月を眺めることが最高だそうです。
携帯の待ち受けに満月を作ろうと思いました。

月猫(ラッキーキャット)に最大パワーの満月!!
この二つがあれば無敵な気がしてきませんか。